ラグランジャット島の日曜日の午後 – (Georges Pierre Seurat) 以前の


アーティスト:

スタイル: 点描画法

トピック:

日付: 1886

サイズ: 208 x 308 cm

博物館: Art Institute of Chicago (Chicago, United States)

テクニック: キャンバスに油彩

ラグランジャット島の日曜日の午後 – 1884 ( フランス語 : Un dimanche après-midi à l'Île デラグランデジャテ - 1884 ) ジョルジュの一人です Seurat's 最も有名な作品 , 点描の例です . ジョルジュスーラは2年間以上日曜日の午後を描いた , 公園の景観に細心の注意を払って . 彼はオリジナルを書き直しただけでなく、多数の予備の図面と油絵を完成させました . 彼は行って公園に座って、さまざまな人物のスケッチを多数作成して、彼らの形を完成させました . 彼は色の問題に集中しました , 光 , そして形 . 塗装はおおよそ 2 沿って 3 メートル ( 6 フィート 10 xで 10 フィート 1 に ) サイズで . 光学理論と色彩理論の研究に動機 , スーラは、その色のミニチュアドットを対比させました , 光統合を通じて , で単一の色相を形成する viewer's 眼 . 彼はこの形の絵画が , 当時は分裂主義と呼ばれていましたが、現在は点描主義として知られています , 色は標準のブラシストロークよりも鮮やかで強力になります . ほぼ均一なサイズのドットの使用は、絵画の彼の作品の2年目に来ました , 1885-86 . 絵の体験をさらに鮮やかにするために , 彼はそれを塗られた点のフレームで囲んだ , 次に彼は純粋な白で囲まれました , 木製フレーム , これは、シカゴ美術館での絵画の展示方法です . 画像を作成する上で , スーラは、 then-new 顔料亜鉛イエロー ( クロム酸亜鉛 ) , 絵画の芝生の黄色のハイライトで最もはっきりと見える , オレンジとブルーの顔料を混ぜたものも . 世紀以降、 painting's 完了 , 亜鉛黄は茶色に暗くなった — 絵画にすでに現れていた色の退化 Seurat's 一生 . ラグランジャット島はパリのまさに門にあります , ヌイイとの間にセーヌ川に横たわっています Levallois-Perret , 現在ラデファンスのビジネス地区が立ち並ぶ場所から少し離れています . 長年の間、それは工業用地でしたが , 今日は公共の庭園と住宅開発のサイトです . スーラトが絵画を始めたとき 1884 , 島は都心から遠い牧歌的な隠れ家でした . 絵画は最初に展示されました 1886 , ソシエテデアーチストインデペンダントの第2サロンを支配 , その中でスーラは創設者でした 1884 .

This artwork is in the public domain.

アーティスト

Georges Pierre Seurat

ダウンロード

ダウンロードするにはここをクリックしてください

パーミッション

非営利的な使用のための無料。 下記参照。

Georges Pierre Seurat – 閲覧最多の作品

Public domain

This image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. However - you may not use this image for commercial purposes and you may not alter the image or remove the watermark.

This applies to the United States, Canada, the European Union and those countries with a copyright term of life of the author plus 70 years.


Note that a few countries have copyright terms longer than 70 years: Mexico has 100 years, Colombia has 80 years, and Guatemala and Samoa have 75 years. This image may not be in the public domain in these countries, which moreover do not implement the rule of the shorter term. Côte d'Ivoire has a general copyright term of 99 years and Honduras has 75 years, but they do implement that rule of the shorter term.